カテゴリー別アーカイブ: デモ版

0143 トライアル版から製品版に切り替えができない updated 21-02-26

Prism トライアル用シリアル番号を使用している場合、トライアル期限途中で正規ライセンスを設定しようとすると、正規ライセンスのシリアル番号でのアクティベーションコードを入力したにもかかわらず、トライアル期限が表示されることがあります。

この問題は、GraphPad Prism自体を再インストールしても解消されません。原因は、PC内に設定されたGraphPad Prismライセンスファイルにトライアルライセンスの情報が残されていることにあります。

問題を解消するには、Prismライセンスファイルを一旦削除し、再度正規ライセンスの登録(ライセンス番号とアクティベーションコードの入力)が必要となります。
※アクティベーションコードは再取得する必要はありません。既に取得されているコードが使用できます。

ライセンスファイルを削除する方法 (MAC)

Prism 8 ライセンスファイル:prism-license.qxt

ライセンスファイルを削除するには、コンピュータに管理者権限でログインしている必要があります。OS Xでは、ファイルは隠されているので、隠しファイルを表示するためにファイル設定を変える必要があります。

ライセンスファイルを削除するには、以下でリストアップされる2つの方法があります。一つの方法では、コマンドプロンプトを使う必要があり、もう一つ方法では、隠しファイル設定を変える必要があります。

手法 1:ターミナルの使用 (Macに詳しい方のみ)
※ ターミナルが何であるか分からない人は、自分で行わないでください。

ライセンスファイルを削除するには、次のコマンドを使用します。

※システムの現在のユーザーアカウントに対してのみPrismがアクティブになっている場合:
rm ~/Library/Application\ Support/GraphPad/Prism/prism-license.qxt

※Macでの全ログインユーザーに対しPrismがアクティブになっている場合:
rm “/Library/Application Support/GraphPad/Prism/prism-license.qxt”

手法 2: 手動でシリアル番号ファイルを削除

ユーザーライブラリ フォルダ: ~/ライブラリ/Application Support/GraphPad/Prism/
システムライブラリ フォルダ: /ライブラリ/Application Support/GraphPad/Prism/
※これらのフォルダは通常非表示なので、ファインダでは表示されません。

上記のフォルダを開くには、Finderに移動し、Finder内の[移動]メニューをクリックして[フォルダに移動]を選択します。次に表示されるダイアログで、上記されているものの、開きたいフォルダのパスと名称を入力します。
次に、ライセンスファイル(prism-license.qxt)を見つけて、ゴミ箱にドラッグします。

シリアル番号ファイルを削除する方法 (Windows)

Prism のライセンスファイル:prism-license.qxt

Prismライセンスファイルを一旦削除した後、再度正規ライセンスの登録(ライセンス番号とアクティベーションコードの入力)が必要となります。
※アクティベーションコードは再取得する必要はありません。既に取得されているコードが使用できます。

Windows 7/8/10でライセンスファイル次の場所に格納されています:
C:\ProgramData\GraphPad Software\Prism\

0136 Prismトライアルライセンスから正規ライセンスへの移行

GraphPad Prismをトライアルライセンスによるトライアルを行い、トライアル期間の終了後あるいは、期間の最中に正規ライセンスを購入された場合、トライアルで使用されていたGraphPad Prismをアンインストールすることなく、以下の手順でトライアルライセンスから正規ライセンスへの移行が可能になります(Windows英語版、Mac版のみ)。

※GraphPad Prismプログラムは、トライアル版と製品版の間で機能の違いはありません。プログラムは同一なものです。

注意:
手順の説明は、基本的に英語版GraphPad Prismを購入された方が対象となります。

日本語化アドオンとセットで購入された方は、トライアルの終了/途中に関わらず、一旦アンインストールを行った上で、納品されたCDメディアから、Prismを再インストールする必要があります。
トライアル期間が終了している場合にはその後、”トライアル期間が終了している場合:の手順をご参考ください。
GraphPad Prismを日本語化アドオンとセットで購入され、且つトライアル期間が途中の方は、Prism再インストール後、”トライアル期間の途中の場合:”の手順をご参考ください。

トライアル期間が終了している場合:
トライアルで使用していたGraphPad Prismをアンインストールし、再インストールしても構いませんが、以下の手順で正規ライセンスへ移行が可能です。

  1. GraphPad Prismを起動すると既にトライアル規定日数(30日)が経過してるため、正規ライセンスの購入を促すダイアログが表示されます。
    このダイアログの下に、”Use Prism in viewer mode” というボタンがありますので、このボタンをクリックし、ビューワーとしてGraphPad Prismを起動します。
  2. Helpメニューの中の、”Enter New Serial Number…”を選択してください。
  3. 新しいシリアル番号を入力するダイアログが表示されますので、正規ライセンス番号を入力してください。
  4. 下部の”Next Step”ボタンをクリックしすると、自動的にブラウザが起動されGraphPad社ユーザー登録ページが開かれますので、Prism使用者(ライセンス所有者)名、メールアドレスを入力し、”Submit”ボタンをクリックし、正規ライセンスでのアクティベーション・コードを取得します。
  5. 登録したメールアドレス宛に、正規ライセンスでのアクティベーション・コードが送信されますので、そのコードをGraphPad Prismのダイアログに貼り付けます。
  6. GraphPad社のライセンス規約内容を確認の上、同意(I agree…)にチェックを入れ、”Start using Prism”をクリックすると正規ライセンスでGraphPad Prismが起動されます。

トライアル期間の途中の場合:
トライアルで使用していたGraphPad Prismをアンインストールし、製品メディアから再インストールを行っただけでは、正規ライセンスの移行は行われません。

  1. GraphPad Prismを起動し、Welcome ダイアログを閉じます。
  2. Helpメニューの中の、”Enter New Serial Number…”を選択してください。
  3. 新しいシリアル番号を入力するダイアログが表示されますので、正規ライセンス番号を入力してください。
  4. 下部の”Next Step”ボタンをクリックしすると、自動的にブラウザが起動されGraphPad社ユーザー登録ページが開かれますので、Prism使用者(ライセンス所有者)名、メールアドレスを入力し、”Submit”ボタンをクリックし、正規ライセンスでのアクティベーション・コードを取得します。
  5. 登録したメールアドレス宛に、正規ライセンスでのアクティベーション・コードが送信されますので、そのコードをGraphPad Prismのダイアログに貼り付けます。
  6. GraphPad社のライセンス規約内容を確認の上、同意(I agree…)にチェックを入れ、”Start using Prism”をクリックすると正規ライセンスでGraphPad Prismが起動されます。

トライアル版から製品版への切り替えができない場合は、FAQ0143:トライアル版から製品版に切り替えができない をご参照下さい。

 

0107 OSX 10.10 Yosemite でのPrism 6 デモ版の利用について

OSX 10.10 YosemiteでPrism 6 デモ版をインストーし、実行しようとすると、ログインしたユーザーアカウントが管理者であるにも関わらず、「Prism requires admin rights the first time it runs, but not after that. You will need to log in as an administrator before you can run Prism.」 管理者権限が無い為実行できない、とするメッセージが出力される場合があります。

 Prism 6 デモ版が正常にインストールされた後、最初に起動すると次のダイアログが表示されます。

image001

 

“StartNow”ボタンをクリックすると管理者権限を持つユーザー名とパスワードの入力を促す以下のスクリーンショットのようなダイアログが表示されます。これは管理者権限を持つユーザーであっても、Yosemiteでは “/Library/Application Support” 以下のフォルダへのアクセス権限がデフォルトでは無い為です。

image004

 

正しい管理者権限ユーザー名とパスワードを入力すれば、Prism 6 デモ版はスタートします。しかし、”Cancel” ボタンをクリックしてしまうと以下のような警告ダイアログが出力されてしまいます。

 image006

 

Prism 6 デモ版のスタート時に、管理者名とパスワードの質問が出ないようにするには、管理者権限ユーザーでログインし、以下の3行のコマンドをターミナルから実行してください。

※Mac OSXについての十分な知識のない方は、十分に注意の上行ってください。

cd /Library/Application\ Support
sudo mkdir GraphPad
sudo chmod 777 GraphPad

0100 PrismのOSX 10.9(Mavericks)への対応について

Prism Mac 6.0dは、OSX 10.9 Mavericksに対応します。

弊社では、Prism 5.0d、6.0d 及び日本語ヘルプのインストールテストを行いましたが、すべて問題なくインストールを行えることを確認しております。

Prism 6d 以前のMac版Prism 6では、以下の問題の発生が確認されています:

  • 6.0cのデモ版は、動作しません。 「管理者権限がないため、Prismを開始することができません」というメッセージが出力されます。 たとえログインアカウントに実際には管理者権限があっても、このメッセージが出力されます。
  • プロジェクトを保存するとき、Mavericksの新しいファイルタグ機能は動作しません(が、エクスポートでは動作します)。
  • Prismはインストール時のユーザー(アカウントユーザー)しか使用できないようにインストールされます。他のユーザーは使用できません。 Prismが/Library/Application Support/GraphPadフォルダを作成出来ないことが、原因です。
  • ナビゲーターで、データテーブルかグラフ名称で右クリックするか、あるいは、それらのシート上で右クリックするとき、意味不明なメニューアイテム:”Show Info in Finder” , ”Reveal in Finder” と ”Open”が表示されます。

Mac版 Prism 5では詳細にテストは行われていませんが、上記の幾つかの問題はPrism 5でも発生する可能性があります。

 

 

0077 Prism for Mac(デモ版を含む)をインストールしましたが起動しません。【Mac】

インストールしたPrismが起動しない場合、下記を御確認下さい。

1. Arial font が使用できるようになっているか確認下さい。

PrismはArialフォントがなければ起動しません。
Arialフォントがあるか確認するには、アプリケーションのFont Book からご確認頂けます。Arialフォントの▶ボタンをクリック頂き、「Regluar 切」となっているようでしたら、使用で切るように設定下さい。

2. 管理者権限でログインしているか確認下さい。

コンピュータにログインしているユーザの権限が十分でない場合、インストーラが必要なファイルにアクセスできず問題が発生する可能性があります。最初にPrismを起動する場合は管理者権限でログインする必要があります。次を確認下さい。

2-1.  Appleメニューからシステム環境設定を選択。
2-2. ユーザーとグループを選択。
2-3. 「ユーザにこのコンピュータの管理を許可」にチェックが入っていない場合、ロックをはずしチェックを入れて下さい。

3. ディスクユーティリティからアクセス権を修復下さい。

エラーメッセージ “Prism cannot create the Licenses folder.”が返ってくる、またはアクセス権が「読み出し」になっており変更できない場合などは、 ユーティリティからディスクのアクセス権修復を実施してみて下さい。アクセス権の修復は下記の手順で行います。

3-1. アプリーケーションのユーティリティにあるディスクユーティリティを起動します。
3-2. ディスクユーティリティダイアログでシステムディスクを選択します。(CDやDMGドライブではなく、ハードドライブを選択下さい。)
3-3. First Aidタブにある「ディスクのアクセス権を修復」をクリックします。

4. ユーザーライブラリからPrism Backupsフォルダを削除下さい。

Optionキーを押しながら「移動」をクリックし、ライブラリを選択します。
ライブラリ -> Application Support -> GraphPad -> Prism -> 5 -> Prism Backups
フォルダの中のファイルだけではなく、フォルダ全てを削除下さい。

上記に問題がなく、また再インストールしても問題が解決しない場合は、弊社テクニカルサポートまでご連絡下さいますようお願い申し上げます。

ダウンロード後、インストールできない場合は FAQ0079「Prism for Mac(デモ版を含む)をダウンロードしましたが、インストールできません。」をご参照下さい。