0110 GraphPad Prism Mac 6.0gでの変更修正について

このリリースでは多数の不具合が解決されていますが、以下に修正された重要な不具合について概要を記載します。 

※Mac版 Prismは、バージョン 6.0eからバージョン 6.0gへアップデートされました。6.0fはリリースされておりません。

 

分析機能で修正されたバグ

  • Spearman相関からのP値の計算のバグが修正されました。Rsが負の値で、いくつかの値がタイ値で、厳密なP値が計算されている場合のみ分析に影響がありました。
  • P値が正しい値よりわずかに小さくなる場合がある、Mann-Whitney検定のバグが修正されました。
  •  感度と特異度の信頼区間は、たとえ他の信頼水準を選択したとしても、常に95%の信頼区間でした。
  • 標準の80%、90%、95%、98%、あるいは99%の信頼水準を選択せずにユーザー独自の水準値を指定したとき、オッズ比の信頼区間、比率間の相対リスクと差異は空白になっていました。
  • D’Agostino-Pearson正規性検定でデータセットに問題があった場合、K2値は空白でした。
  • ‘Substrate Inhibition’ の数式で表示される概略グラフは、正しくありませんでした。
  • 1-way ANOVAに続いて、比較するために列のペアを選択したい場合、Prism 6では19ペアまでしか選択できませんでしたが、40ペアまで選択可能になりました。
  • 非常にまれなケースですが、非線形回帰によるフィットで標準誤差が負の値で出力されることがあります。正しい標準誤差値は、出力された負の値の絶対値です。
  • ユーザー定義の関数を入力するとき、常用対数(基数 10の対数)をlog10(Y)あるいはlog(Y)と表わすことができるようになりました。以前のバージョンでは、log(Y)だけが可能でした。
  • Deming回帰でゼロ以外のX値でのY切片を求めたとき、結果は正しくありませんでした。
  • 微分数式により定義されたモデルによる非線形回帰フィットの、複数のバグがフィックスされました。
  • 生存率分析で、データテーブルが60,000行を超えると 空の結果を出力しました。

Yosemiteだけで確認されたバグの修正

  • Yosemiteで2本の指によるトラックパッドでの拡大/縮小ができませんでした。
  • Format Graphダイアログでグラフ要素に色を変更とき、カラーピッカーでグレイスケール値を入力すると、背景色も同様に変更されてしまいました。
  • ‘Clear’ チェックボックスが使用できない為、オブジェクトをクリア/透過にできませんでした。
  • 新しいMacのForceTouchトラックパッドで、Prism画面左側のナビゲーションパネルを操作すると、非常に非常に反応が鈍かった。

EPS形式での エクポートの問題が解決されないことに注意してください。Yosemiteの早い時期のリリースでは、PrismはサイズゼロのEPSファイルをエクスポートし全く使い物になりませんでしたが、 Appleは、Yosemiteのアップデートでこの問題を解決しました。

それ以前のOSXのバージョンで確認されたバグの修正

  • グラフの設定に関係なく、生存曲線やXYプロットで点の一つがプロット領域から外れていると 、点と点(および、階段)を結ぶ線が正しく表示されませんでした
  • X軸の範囲がゼロより大きい値から始まるとき、生存曲線の最初の区分が表示されませんでした。
  • 6.0dおよびそれ以前のバージョンで、シンボルやバーの境界の色を個々に指定し保存しても、再度ファイルを開くと設定は無効になっていました。
  • Magicツールを使用しているとき、Prismはときどきクラッシュしました。
  • Y軸の範囲がマイナスの値からプラスの値までのとき、ポイントと棒の両方描画するとグラフのベースラインはゼロではなくYminの値となりました。
  • 2つのオブジェクトを選んで位置合わせするとき、マウスや矢印キーによる微調整で移動することができませんでした。
  • Prismがフルスクリーンに拡大されているとき、描画メニューは、開いてもすぐ閉じてしまい、使用できませんでした。
  • Prism6.0eあるいはそれ以前のバージョンで、プロジェクトの開いたシンボルの境界の色が、黒色になっていました。
  • 対数Y軸を使用すると、XYデータの箱ひげ図は正しく表示されませんでした。
  • 大きなプロジェクトからシートを削除するとき、クラッシュすることがありました。
  • 「scatter plot with bars」グラフを選択し、更に対数Y軸を選択すると、バーは正しく描画されませんでした。
  • ナビゲーターでリンクしているシートの名称が正しく太字にされない場合がありました。
  • アクティベーションのシステムが改善されました。
カテゴリー: Mac版, Prism6, バグレポート パーマリンク