SnapGene
SnapGeneラーニング
製品トライアル版SnapGene Viewer

  

SnapGeneラーニング

プラスミドマップ | SnapGene基本操作| クローニングチュートリアル | CRISPR | Resources

プラスミドマップの表示やプラスミドマップ作成方法、SnapGeneのステップ・バイ・ステップガイドから「SnapGene基本操作」「カスタムフィーチャータイプ」をを抜粋し紹介しています。

SnapGeneステップ・バイ・ステップガイドは、専用ページにアクセス頂きご利用いただくオンラインによるガイドです。こちらよりガイドの目次をご覧いただけますのでご参照下さい:SnapGeneステップ・バイ・ステップガイド目次

プラスミドマップ

プラスミドマップの作成

このチュートリアルでは配列情報からプラスミドマップを作成する方法を学びます。

塩基配列(DNAシークエンス)を入力し、プラスミドマップを描画する方法のほか、酵素の選択、プライマーの編集、フィーチャーの編集機能についても説明しています。

プラスミドマップの作成
「プラスミドマップの作成」は、実験の「なぜ?どうして?」事典より執筆者の許可を得て編集の上掲載しております。

プラスミドデータの取得とマップの表示

ダウンロードしたデータファイルを SnapGene で開き、プラスミドマップを表示する方法を学びます。

GSL Biotech社のウェブサイトで提供されているプラスミドファイル、NCBIから .gbファイルをダウンロードする方法の2つを紹介しています。

プラスミドデータの取得とマップの表示

スタートアップガイド

SnapGeneステップ・バイ・ステップガイドの「スタートアップガイド」より一部抜粋して紹介しています。

SnapGene基本操作

実際のデータを用いて、データの読み込みからツールバーの機能、塩基配列を確認や編集までSnapGeneの基本的な使い方を学びます。

チュートリアルで使用するプラスミドの配列データは、GSL Biotech社のウェブサイトよりダウンロードできるようになっています。ぜひ、実際のデータを使用しチュートリアルの手順通りに操作してみて下さい。

SnapGene基本操作

アガロースゲル電気泳動像

制限酵素処理したプラスミドをアガロースゲル電気泳動した場合に、どのようなバンドが出現するかをシュミレーションすることができます。

チュートリアルではアガロースゲル電気泳動像のシミュレーションを行う方法を紹介しています。

アガロースゲル電気泳動像

Vecotor NTIフォーマットのファイルをSnapGeneで開く

Vector NTIはバイオインフォマティクスソフトウェアパッケージでしたが、2019 年末に販売が終わり、そのサポートも2020年末に終了しました。SnapGeneでは、Vector NTI で 作成されたファイルを読み込むことができるので、プラスミドマップやペプチド情報などをそのまま利用することができます。

チュートリアルでは、Vecotor NTI フォーマットのファイルを SnapGene で開く方法を紹介します。

Vecotor NTIファイルをSnapGeneで開く

クローニングチュートリアル

SnapGeneステップ・バイ・ステップガイドの「クローニングチュートリアル」より一部抜粋して紹介しています。

制限酵素処理による挿入クローニング

SnapGeneは、制限酵素処理による挿入クローニングのシミュレーションに最適なインターフェースを提供します。使用する制限酵素の選択からクローニング後のイメージまで、SnapGeneのシミュレーションは数秒で終わります。もしプロトコールに設計上の欠陥がある場合、そのエラーを発見して修正することも可能です。

このチュートリアルでは、一般的なクローニング法(制限酵素処理による挿入クローニング)をシミュレーションする方法をご紹介します。

SnapGene In-Fusion®クローニング

In-Fusion®クローニング

チュートリアルではpCDNA3.にLuciferase遺伝子をクローニングするというシミュレーションを通して、In-Fusion®クローニングのシミュレーションを紹介します。

チュートリアルで使用するデータは、GSL Biotech社のウェブサイトよりダウンロードできるようになっています。ぜひ、実際のデータを使用しチュートリアルの手順通りに操作してみて下さい。

SnapGene In-Fusion®クローニング

Gibson Assembly®

このチュートリアルでは、Gibson Assembly®(制限酵素を使わずにプラスミドを構築する方法の1つ)をシミュレーションする方法をご紹介します。

Gibson Assembly®は、制限酵素を使わずに目的断片をプラスミドにクローニングする方法です。DNAをPCRで増幅し、その末端にオーバーラップする領域を作ります。少々複雑ですが、SnapGeneを使えば、この方法を可視化することができます。

SnapGene ギブソン・アセンブリ

SnapGene Cloning チュートリアルビデオ

GSL Biotech社のウェブサイトには、上記でご紹介した「In-Fusion クローニング」や「Gibson Assembly」のチュートリルを含む、SnapGene クローニングツールに関するチュートリアルビデオが用意されています。チュートリアルビデオもぜひご活用下さい。

CRISPR: PAMサイトの検索とgRNAの設計

CRISPR-Cas9システムは、細菌においてウイルスなど遺伝的要素の侵入物を特異的に排除するよう進化した獲得免疫機構です。この機構を利用して、二本鎖DNAを切断してゲノム配列の任意の場所を削除・置換・挿入することができるようになりました。

大きな配列からgRNAの候補を検索し、それらをスコア化するにはオンラインのgRNAデザインツールを使用する必要があります。しかし、比較的小さな配列でゲノムターゲットが限定されている場合は、SnapGeneを使用してgRNAを設計することができます。

チュートリアルでは、SnapGeneでPAMサイトの検索とgRNAの設計を行う方法をご紹介します。

NEBuilder HiFi DNAアッセブリをシミュレーション

Resources

www.snapgene.snapgene.com/resources

SnapGeneの操作方法やSnapGeneクローニングツールに関するラーニングビデオをGSL Biotech社のウェブサイトよりご覧頂けます。SnapGeneのウェブサイトから色々なプラスミドの配列データを入手することができます。GSL Biotech社のウェブサイトもぜひご活用ください。

Resources

リソース

SnapGeneのインターフェイスやツールバーの機能紹介、基本的な操作方法、SnapGeneクローニングツールに関するチュートリアルビデオをご覧いただけます。

Coronavirus Resources

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)関連リソース

SARS、MERS、COVID-19などの一般的なコロナウイルスのゲノム、およびSARS-CoV-2ゲノムのプライマーとプローブをダウンロード頂けます。

Plasmid Maps and Sequences

プラスミドマップとシーケンス

様々なプラスミドの配列データファイルを用意しています。これらのファイルはSnapGene Veiwerでも開くことができます。

User Guides

各種ガイド

オンラインによるユーザーガイド、FAQ、サーバーガイドを提供しています。各種ガイドは全て英語のみでの提供となります。

SnapGene Viewer

GSL Biotech社が提供しているSnapGene Veiwerで、GSL Biotech社のウェブサイトで提供しているプラスミドの配列データファイルの利用およびプラスミドマップの作成が可能です。SnapGene Viewerには機能制限がありますが、期間の制限なく無償でご利用頂けます。SnapGene(製品版)とSnapGene Veiwerの機能の相違は機能比較をご参照ください。